【ブログ】日本和牛の輸入


今回お客様の日本和牛の輸入をお手伝いしました。

今年より日本和牛が解禁となり、それに伴って台湾では日本和牛を使ったお店が増えてきています。


日本和牛の輸入に関して、必要な書類は下記となります。(2018年11月24日現在)

・BL(AWB)

・インボイス&パッキングリスト

・輸出検疫証明書(日本農林水産省)

・衛生証明書(台湾向け)


牛肉は台湾政府が指定する業者で屠殺したもののみ、輸入可能ですので注意が必要です。


台湾に到着後、衛生署による抜取りの検疫検査が行われます。

日数は2〜3日で、費用はもし1項目という認定であれば約48000台湾ドルになります。

また到着曜日によっては土日を挟んでしまい、その結果倉庫代がかさむ可能性もありますので、そのコストも考慮する必要があります。


台湾側の牛肉輸入にかかる費用について興味がある方は直接ご連絡ください。



台湾&桃園空港のビジネスサポートに関するお問合せは、

下記の【お問合せ】ボタンよりご連絡ください。


0コメント

  • 1000 / 1000