【ブログ】台湾から多額の現金を持ち出すには?


台湾から多額の現金や貴金属等を持ち出すときには、台湾の税関の規定に沿う必要があります。

台湾の規定は以下のようになっています。

 黄金:2万米ドル以上は経済部国際貿易局の輸出許可の取得と通関処理が必要

 現金:1万米ドル以上もしくは外貨が1万米ドル以上ある場合は税関に登記する必要あり

 台湾元:10万台湾元以上は中央銀行への申請と批准が必要(実質は不可)

 人民元:2万人民元を超えて持ち出すことは不可


もし多額の現金を持ち出す場合は下記のような手続きを踏む必要があります。

①事前に下記のリンクからWordファイルかpdfファイルをダウンロードします。

2、 出境部分:→(2)外幣超過美幣1萬元或等值之其他外幣應報明海關登記(登記表(doc檔案)

当日窓口で書いても大丈夫ですが、空港でバタバタするよりは事前に書いておいたほうが安心できると思います。

書き方は下記のサンプルを参照してください。

最後にサインすることを忘れないでください。

②出発当日に税関へ申告

 1.航空会社のカウンターで搭乗手続きを済ませる

 2.税関でパスポート、搭乗券、申請書を提出

(桃園空港第一ターミナルは一階の出国と入国の間、第二ターミナルは2階のお土産屋を越えたところにあります。

 3.税関で控えをもらって終了

 4.もし出国検査で現金について聞かれたら控えを見せれば大丈夫です。


日本到着後は、日本の税関の前に申請を済ませてから税関検査を受ける必要があります。

多額の現金を持ち出すのは難しいのでは?と思われますが、やってみると実際はあっさりとできます。


台湾&桃園空港のビジネスサポートに関するお問合せは、

下記の【お問合せ】ボタンよりご連絡ください。


0コメント

  • 1000 / 1000